プロバイオティクスの話

TOAのプロバイオティクス

  • プロバイオティクスには、どういうものがあるのですか?
  • 代表的なものには乳酸菌があります。
    乳酸菌のなかにも、いろいろな種類があります。
    そのほかにも、糖化菌、酪酸菌、納豆菌などが挙げられます。
  • TOAには、どういうプロバイオティクスがあるのですか?
  • TOAには、下の表のようなプロバイオティクスがあります。
    そのうちの3つの菌を配合した『ビオスリー』をつかって、人や動物の腸を健康にする製品を作っているんです。
  • 3つの菌を配合すると、いいことがあるんですか?
  • ひとつひとつの菌だけよりも、いっしょにしたほうが、たくさん増殖することが証明されています。
    糖化菌が乳酸菌の増殖を、乳酸菌が酪酸菌の増殖を助けます。 この"共生"関係を利用して、よりたくさんの菌を腸にとどけられるように3つの菌を配合したもの、それが、TOAの『ビオスリー』なのです。
製品名 分類 主な特長 補足

SF菌末トーア

(Streptococcus faecalis T-110)

乳酸菌 ・乳酸を産生する
・増殖速度が速い
・胃酸・胆汁酸の影響を受けにくい
『ビオスリー』SF、CB、BMの3つの菌を配合。

BM菌末トーア

(Bacillus mesentericus TO-A)

糖化菌 ・アミラーゼを産生し、乳酸菌の増殖を促進させる 『ビオスリー』SF、CB、BMの3つの菌を配合。

LP菌末トーア

(Lactobacillus plantarum TO-A)

乳酸菌 ・乳酸の産生能力が高い

LC菌末トーア

(Lactobacillus casei TO-A)

乳酸菌 ・乳酸の産生能力が高い
・低温でも増殖する