受託事業

世界的なプロバイオティクスブームを背景に、培養施設の増設が急務となり、2013年1月に竣工した培養施設(通称:カルチャープラント)。 従来は1000L培養タンクのみで培養していましたが、加えてカルチャープラントでは、5000L培養タンクを備えています。
館林工場では竣工以来、菌株管理から培養、乾燥、原末まで、医薬品GMP工場として稼働してきましたが、菌を配合した製品の受託にも対応しており、培養受託から最終製品までを一括して受託することも可能となっております。

OEM製品受託

医薬品、健康食品等に関する製品製造受託を行っております。
培養微生物を用いた製品調製、製剤化は多くの企業様の悩みの種ですが、当社は特にこれを得意分野としております。
当社の持つプロバイオティクス製品原料や「乳酸菌H61トーア(うるつや乳酸菌®)」などを原料とするOEM製造に対応し、
錠剤・ハードカプセル・ソフトカプセル・顆粒(スティック分包)での製造が可能です。

また、培養受託も承っておりますので、お客様の菌末から培養して最終製品までを一括して受託することも可能です。
医薬品、健康食品とも配合からご相談いただけます。

OEM製品2 OEM製品3

培養受託

プロバイオティクス製品原料等の菌株培養、培養代謝産物を用いた製品製造を受託致します。

  • ・遺伝子組換え菌 (培養容量は30Lまでとなります)、芽胞菌の培養も受託致します。
  • ・生菌だけでなく殺菌体の受託にも対応しております。
  • ・ご要望に応じて菌数調整や大量培養、少量生産も承っております。
  • ・キノコ等を含む真菌類の培養には対応しておりません。
  • ・菌株の培養代謝産物の抽出精製につきましても、遠慮なくご相談ください。
     

受託培養の流れについて

NDA⇒試作見積⇒試作発注⇒基礎検討⇒製造見積⇒委受注契約⇒実製造⇒ご検収

製造設備について

研究開発から試験製造、スケールアップ後のライン製造まで、群馬県館林市の製造事業所内にて一貫して行なっております。
培養に関わる主な製造設備につきましては、下記図表の通りとなります。

  • 培養タンク
  • 集菌装置
  • 乾燥装置
  • 粉末混合装置
培養槽:5000L 培養槽:1000L 培養槽:30L
10L培養槽 50L培養槽 1L培養槽
500L濃縮タンク S-型遠心分離機 2L培養槽
連続遠心分離機 凍結乾燥機 S-型遠心分離機
スプレードライヤー 粉砕機 MF膜
混合機 混合機 UF膜
インキュベーター(好気、嫌気対応可能)

品質保証体制について

当社の主力製品は、プロバイオティクスや、無菌が求められる注射剤です。
そのために、私たちは高い水準の衛生環境の下で製造した製品の有効性、安全性の確認を徹底的に追求する管理体制を整えています。
医薬品GMP制度適合工場の品質保証体制にて受託サービスを提供し、お客様の製品製造開発をお手伝いさせて頂きます。

お問い合せはこちら