受託事業

世界的なプロバイオティクスブームを背景に、培養施設の増設が急務となり、2013年1月に竣工した培養施設(通称:カルチャープラント)。 従来は1000L培養タンクのみで培養していましたが、加えてカルチャープラントでは、5000L培養タンクを備えています。
館林工場では竣工以来、菌株管理から培養、乾燥、原末まで、医薬品GMP工場として稼働してきましたが、菌を配合した製品の受託にも対応しており、培養受託から最終製品までを一括して受託することも可能となっております。

ヘルスケア製品部専用サイト

OEM製品受託

医薬品、健康食品等に関する製品製造受託を行っております。
培養微生物を用いた製品調製、製剤化は多くの企業様の悩みの種ですが、当社は特にこれを得意分野としております。
当社の持つプロバイオティクス製品原料や「乳酸菌H61トーア(うるつや乳酸菌®)」などを原料とするOEM製造に対応し、
錠剤・ハードカプセル・ソフトカプセル・顆粒(スティック分包)での製造が可能です。

また、培養受託も承っておりますので、お客様の菌末の培養~最終製品までを一括して受託することも可能です。
 

OEM製品2 OEM製品3

培養受託

人体用および畜産動物・ペット用として善玉菌を50年以上製造してきた技術力で、お役に立つようご提案します。

■下記の培養に対応します

  1. 善玉菌の培養(乳酸菌、バチルス菌などプロバイオティクス菌の培養)
    • 芽胞菌/無芽胞菌
    • 好気性菌/嫌気性菌
    • 生菌/加熱殺菌体/培養液
  2. 工業製造(1tまたは5tタンクスケール)

 

■開発ステップと費用

  1. 菌株の同定と試験室での培養方法が確立済みで、「スケールアップ製造」を目的とさせる場合には、開発費用はかかりません。
    (テスト製造費と実機製造費は別途かかります)
  2. 菌株は所持しているものの、培養方法が確立していない場合は、培養条件を検討する「開発受託」となり、開発費用がかかります。

 

■ご検討にあたってのお願い事項

  1. 菌株の安全性ご確認は、お客様にお願いしています。
    特に人体用・食用の場合には、実機製造前に安全性の確認をお願いしています。
  2. 動物性タンパク培地は、他の由来培地に変更をお願いすることがあります。
    弊社は、動物性タンパク・油脂を使用しない畜産用飼料(A飼料)の製造工場です。
    このため、受託検討時に動物性タンパク不使用培地の使用検討をお申し入れすることがあります。
  3. 種菌は、製造ごとにお預かりしています。
    最も状態の良い菌(凍結シード等)を、製造毎にお預かりすることで安定的、高品質な製造を目指しています。

製造設備について

研究開発から試験製造、スケールアップ後のライン製造まで、群馬県館林市の製造事業所内にて一貫して行なっております。
培養に関わる主な製造設備につきましては、下記図表の通りとなります。

  • 培養タンク
  • 集菌装置
  • 乾燥装置
  • 粉末混合装置
培養槽:5000L 培養槽:1000L 培養槽:30L
10L培養槽 50L培養槽 1L培養槽
500L濃縮タンク S-型遠心分離機 2L培養槽
連続遠心分離機 凍結乾燥機 S-型遠心分離機
スプレードライヤー 粉砕機 MF膜
混合機 混合機 UF膜
インキュベーター(好気、嫌気対応可能)

品質保証体制について

当社の主力製品は、プロバイオティクスや、無菌が求められる注射剤です。
そのために、私たちは高い水準の衛生環境の下で製造した製品の有効性、安全性の確認を徹底的に追求する管理体制を整えています。
医薬品GMP制度適合工場の品質保証体制にて受託サービスを提供し、お客様の製品製造開発をお手伝いさせて頂きます。

お問い合せはこちら