学術情報

掲載年 掲載誌または学会 論文名 著者名
1996年 Microbiol Immunol Simple Method for Detection of Clostridium botulium Type A to F Neurotoxin Genes by Ploymerase Chain Reaction Kouichi Takeshi, Yukako Fujinaga, Kaoru Inoue, Hiroshi Nakajima, Keiji Oguma, Tetsuya Ueno, Hiroyuki Sunagawa, and Tohru Ohyama
1995年 小動物臨床 猫の下痢症に対する生菌剤(動物用ビオスリー)の臨床効果 内野富弥、熊井治孝、萩野勇、吉川忠作、堀口隆嘉、高谷不羈、中西章男、山田勝彦、瀬尾元一郎、田杭浩
1995年 DCNS 乳牛における微量ミネラルの機能と給与(DCNS研究会報告) 東亜薬品工業株式会社
1995年 小動物臨床 犬の下痢症に対する生菌剤(動物用ビオスリー)の臨床効果 内野富弥、熊井治孝、萩野勇、吉川忠作、堀口隆嘉、高谷不羈、中西章男、山田勝彦、瀬尾元一郎、田杭浩
1994年 医学と薬学 内分泌系及びリウマチ性疾患由来の便通異常に対するビオスリーの臨床成績 加藤弘巳、林龍二、三輪敏郎、小林正、坂本憲市
1994年 医学と薬学 健常成人の糞便内細菌叢に及ぼすビオスリーの影響
-健常小児の糞便内細菌叢の検索-
城 宏輔、笹津備規、飯野久和、瀬尾源一郎、深谷久美子、平沢有子、田子兼重
1994年 日本家禽学会誌 グルコオリゴ糖および生菌剤投与が鶏の産卵成績及び盲腸内細菌叢に及ぼす影響 奥村純市、古瀬充宏、河村孝彦、豊島浩一、菅原正義、鈴木鉄弥、瀬尾元一郎、曽我秀男
1994年 Microbios The effects of a division-promoting factor for Bifidobacterium produced by Bacillus mesentericus on bacterial flora in the rat caecum Hisakazu Iino, Kumiko Fukaya, Yuko Hirasawa, Gen'ichiro Seo
1993年 基礎と臨床 トカインフィルのラットを用いた利胆作用および毒性試験 宮本浩吉、飯浜克則、松島幸子、鹿子沢亘、神庭吉彦、高橋寛人、飯嶋光夫、国分豊、瀬尾源一郎、駒沢宣明
1993年 Progress in Medecine 胆道疾患に対するトカインフィル製剤GALLONGEN®の多施設臨床評価 大藤正雄、杉浦信之、中村広志、御園生政紀、檜山義明、中山隆雄、木村道雄、大野孝則、鈴木泰俊、岩間章介、小林康弘、三上直登、平野康之、一戸彰、漆原昌人、飯嶋淳滋、五月女直樹、佐藤重明、斉藤正明、仁平武
戻る